子育て

Post pics

Posts

ヨーロッパで家庭教師はチューターと呼ばれていました

On 2014年5月6日, in 子育て, by admin

http://www.xn--tqqu51a6zb3o20y9r6f.com/西洋の家庭教師の歴史は古く、ヨーロッパではチューター(tutor)と呼ばれていました。
チューターは、未成年者などに対する保護者や後見人、または監視人などの意味があり、一般的に住み込みの家庭教師を指すことが多いようです。

もっとも、ヨーロッパで、このようなチューターと呼ばれる家庭教師を雇うことができるのは、富裕層や上流家庭の子供たちだけでした。

家庭教師をギリシャ時代までさかのぼると、アテネの知識人がスパルタ人の奴隷となって、主家の子どもを教育する役割を課せられたことにはじまるようです。

家庭教師を経験したといわれる有名人では、アリストテレス、カント、ルソー、ロックなどがいます。

このように、上流階級の子どもたちだけ教育を受けることが可能という時代は、19世紀の近代学校教育制度が整備されるまで続きました。

今では、ちょっと想像がつかない時代もあったのです。

日本での家庭教師の役割は学校教育の代替えというのではなく、あくまでも学校教育の補足であり、進学に向けての受験対策の意味合いで活用されています。

家庭教師を選ぶ際のポイントは、子供との相性にあります。
どんなに優秀な家庭教師をつけても、子供との相性が合わなければ効果は出ません。

家庭教師の体験アドバイスは>>こちらが参考になります。