テープ起こしはプロに依頼するのが最適です

On 2014年6月25日, in サービス, by admin

「テープ起こし」という言葉を聞いたことがありますか?これをお読みの若い方には馴染みがないかもしれませんが、テープ起こしのテープとは、カセットテープのテープです。つまり、テープ起こしとは録音されたものを文字に起こすことを指します。

このテープ起こし、一見誰にでもできそうですが、意外と難しいのです。なぜなら、録音されているものは話し言葉ですが、文字に起こす際は書き言葉にしなければならないからです。なかなかこの技術は、一朝一夕には身に付かないと言われています。

そこで、テープ起こしといえばテープリライトが私のおススメです。テープライトは創業50年を誇り、同業他社と比べても質の高い原稿を提供していると、評判の業者です。用途に応じて、高品質の使える原稿を提供してくれます。また日本語ばかりでなく、外国語のテープ起こしにも対応しています。これ以外にも、あらゆる難しい要望にテープライトは対応しているので、まずはご相談してみるのがよいと思います。

テープライトは、高い品質と技術、スピードを武器としています。音から文字へと変換しなければならない場面がやって来たら、テープライトを活用してみてはいかがでしょうか?あっと驚くような、読みやすい文章が出来上がっているはずですよ。

 

ヨーロッパで家庭教師はチューターと呼ばれていました

On 2014年5月6日, in 子育て, by admin

http://www.xn--tqqu51a6zb3o20y9r6f.com/西洋の家庭教師の歴史は古く、ヨーロッパではチューター(tutor)と呼ばれていました。
チューターは、未成年者などに対する保護者や後見人、または監視人などの意味があり、一般的に住み込みの家庭教師を指すことが多いようです。

もっとも、ヨーロッパで、このようなチューターと呼ばれる家庭教師を雇うことができるのは、富裕層や上流家庭の子供たちだけでした。

家庭教師をギリシャ時代までさかのぼると、アテネの知識人がスパルタ人の奴隷となって、主家の子どもを教育する役割を課せられたことにはじまるようです。

家庭教師を経験したといわれる有名人では、アリストテレス、カント、ルソー、ロックなどがいます。

このように、上流階級の子どもたちだけ教育を受けることが可能という時代は、19世紀の近代学校教育制度が整備されるまで続きました。

今では、ちょっと想像がつかない時代もあったのです。

日本での家庭教師の役割は学校教育の代替えというのではなく、あくまでも学校教育の補足であり、進学に向けての受験対策の意味合いで活用されています。

家庭教師を選ぶ際のポイントは、子供との相性にあります。
どんなに優秀な家庭教師をつけても、子供との相性が合わなければ効果は出ません。

家庭教師の体験アドバイスは>>こちらが参考になります。

 

ウェディングプランナーを養成するFirst Stage

On 2014年2月6日, in 未分類, by admin

ウェディングプランナー養成スクールFirst Stage(ファーストステージ)皆さんは「ウェディングプランナー」という職業をご存じですか?
文字通り、挙式をプランニングする職業ですが、実際、どのようにすればこの職業につけるのかはわからないですよね。
→こちらのホームページ(First Stage)ではウェディングプランナーを養成する学校です。

このような養成スクールの一番のメリットは就職と直結しているところでしょう。
不況と相まって就職率も低迷していますが、このようなスクールでは就業保証もしています。
こちらでは未経験からでもプロとして就職が可能な「ウェディングプランナー就職・内定コース」があります。
これは平日や土曜のみのコースです。
講義は全部で46時間、入学金は20万円、受講料は26万円となっています。
もちろん、分割払いが可能です。

どのコースにも共通しているのは、最大8人までの少人数制であること。
少人数なので一人一人をしっかりフォローしてくれるので、落ちこぼれることもありません。
また、こちらはブライダル専門の人材派遣会社「ブライダル・ヒューマン・ソリューションズ」が母体となっているため、単発のアルバイト紹介が可能なのです。
よって、アルバイトをしながら実践によるスキル磨きができます。

講師をしている方々は業界での経験が豊富な方々が担当しています。経験者だけが知っている知識を吸収できます。